たこ焼きのたこ。実はダイエット向き?

2019.05.14

みなさんこんにちは^^!

一昔前なら、コレステロールが高い食品として嫌われていた、いかやたこ。

確かにそうですが、いかやたこ、
貝類にはアミノ酸の一種で抗酸化作用が強いタウリンという成分が多く含まれています。
タウリンは、血圧の上昇抑制や、コレステロールや血糖値低下、
心臓や肝臓の機能強化にはたらきます。
コレステロールが原因の胆石症を予防したりもします。

コレステロールが多い食品であるものの、
揚げ物を避けて、刺身や煮物でいただくなら、
そんなに神経質になる必要はありません。

コレステロールを低下させる栄養成分として、
タウリンのほかにもシトステロールという成分もいかやたこには含まれています。
ビタミンEも含まれていて、活性酸素から細胞を守って、
発がんを抑制したり、老化防止、女性の更年期障害の予防・改善にも有効にはたらきます。

また、たこやいかには、インスリンの構成成分で、
細胞の新生や再生、感染症の予防にはたらく亜鉛も含まれており、
血糖値の高い人におすすめの食材です。

また、高たんぱく低カロリーなのでダイエットにも格好の食材といえます。
いかやたこには、魚肉の2倍以上のタウリンが含まれ、
コレステロールをさほど気にする必要はありませんが、
それでも抵抗があるなら、わかめなどの海藻といっしょにいただくことをおすすめします。
海藻類に豊富に含まれる水溶性食物繊維は、
コレステロールの吸収を抑えるはたらきがありますので、
タウリンと合わせてよりいっそうの効果が期待できます。

LINE@でお得な情報をGET

くれおーるの通販ページはこちらから

  • Googleアプリ
  • iPhoneアプリ
くれおーるの通販ページはこちらから
  • Googleアプリ
  • iPhoneアプリ
スタッフ募集

食い倒れの街、大阪・道頓堀にくれおーるがあります。
大阪名物のたこ焼き・お好み焼・串かつを一度に食べることができる70席の大フロア。道頓堀くれおーるは、屈指の大型店舗です。
くれおーる発祥の大阪京橋店と京橋コア店や東京にも渋谷道玄坂店や新橋店など、各店舗さまざまな顔でお客さまをお迎えしております。
とくに大阪道頓堀名物たこ焼きは、一流有名ホテルから地方のお客さまに、ぜひ大阪の味をと呼ばれてイベントの度に喜んで頂いております。
そんな自慢の道頓堀くれおーるのたこ焼きを是非、ご賞味ください。
スタッフ一同、心よりお待ちしております。