タコのもつ効果とは?

2019.08.14

みなさんこんにちは^^!

タコにはアミノ酸の一種であるタウリンが豊富に含まれています。
タウリンは交感神経の働きを抑制するため、
血圧の上昇を抑制し高血圧を改善する作用があります。

また、血中のコレステロール値を下げる働きがあることから、
高血圧が原因で引き起こされる、脳卒中、動脈硬化、高コレステロール血症、
心不全などの生活習慣病の予防に効果を発揮します。
他にも、タコには抗酸化力のあるビタミンEも含まれるので、
心臓病や脳梗塞、ガンの予防にも効果があります。

タコに含まれるタウリンには、
肝臓での胆汁酸の分泌量を増加させる作用があります。
胆汁酸にはコレステロールを分解して体外に排出させる働きがあることから、
体内のコレステロールを減少させます。
肝機能を高めて解毒作用を強化するので、
コレステロールが原因となる胆石症を防ぎます。

またタコにはナイアシンやビタミンEが含まれています。
ナイアシンには毛細血管を広げる作用があり、
血行をよくして脳神経の働きを助けます。
ビタミンEにも血行を促進する作用があるため、
食欲減退、二日酔いの改善の他、血行障害からくる肩こり、頭痛、冷え症にもの効果があります。
そしてタコには血液の循環をよくするミネラル亜鉛、鉄、マグネシウムも含まれています。

LINE@でお得な情報をGET

くれおーるの通販ページはこちらから

  • Googleアプリ
  • iPhoneアプリ
くれおーるの通販ページはこちらから
  • Googleアプリ
  • iPhoneアプリ
スタッフ募集

食い倒れの街、大阪・道頓堀にくれおーるがあります。
大阪名物のたこ焼き・お好み焼・串かつを一度に食べることができる70席の大フロア。道頓堀くれおーるは、屈指の大型店舗です。
くれおーる発祥の大阪京橋店と京橋コア店や東京にも渋谷道玄坂店や新橋店など、各店舗さまざまな顔でお客さまをお迎えしております。
とくに大阪道頓堀名物たこ焼きは、一流有名ホテルから地方のお客さまに、ぜひ大阪の味をと呼ばれてイベントの度に喜んで頂いております。
そんな自慢の道頓堀くれおーるのたこ焼きを是非、ご賞味ください。
スタッフ一同、心よりお待ちしております。