小麦粉で出来ているたこ焼きは、太りやすい?

2019.07.10

みなさんこんにちは^^!

小麦粉は太りやすい、炭水化物は太りやすいといった情報がよく流れていますが、
なぜそのような情報が流れているのでしょうか。
そして本当に小麦粉を食べると太りやすくなるのでしょうか。

小麦粉の原料はもちろん小麦からできています。
小麦をひいて粉になった状態を小麦粉といいます。
主成分として炭水化物やタンパク質があげられますが、
そのほかも様々な栄養素を内包しています。

カロリーとはエネルギー量をさします。
人間が生きていくために燃やすエネルギーの分量をカロリーで表示しています。
そのため、自分の運動量と平等になるようなカロリー摂取をしないと、
余分なエネルギー源として体内、それも脂肪に蓄えられてしまうという流れになっています。
まとめると、それぞれの食べ物が人間にとってどれくらいのエネルギーになることができるのか、
をカロリーという表現で記載されています。

糖質は炭水化物の一部です。
人間の活動エネルギーの源として糖質は大事なはたらきをしますし、
脳や神経質の動きも活発にします。
糖質を摂りすぎたりしなければ中性脂肪が分解されたり、
血糖値の上昇をおさえられます。

血糖値ですが、血糖値があまりにもグンと上昇すると、
インスリンもたくさん分泌されてしまいます。
このインスリンとは、血液中の糖を脂肪細胞に取り込むように働いてしまいます。
小麦粉やカロリーや油や炭水化物など、
痩せたい時にはたくさんとり過ぎないことがとても重要になります。

ですが、過度に食べない、としてしまうとお金もかかったり栄養バランスも崩れたり、
ストレスがかかったりとダイエット期間が苦しいものになってしまいます。

カロリー、つまり1日の運動量エネルギー量と比べてどれくらい食べたいのか、
食べるべきなのかを考えつつ、朝だけ変えてみる、夜だけ変えてみる、
1ヶ月のうち1週間だけ変えてみるというように少しづつ無理のないように、
カロリーと栄養素とうまく付き合える食べ方ができれば、楽しく健康的な体に改善できるでしょう。

LINE@でお得な情報をGET

くれおーるの通販ページはこちらから

  • Googleアプリ
  • iPhoneアプリ
くれおーるの通販ページはこちらから
  • Googleアプリ
  • iPhoneアプリ
スタッフ募集

食い倒れの街、大阪・道頓堀にくれおーるがあります。
大阪名物のたこ焼き・お好み焼・串かつを一度に食べることができる70席の大フロア。道頓堀くれおーるは、屈指の大型店舗です。
くれおーる発祥の大阪京橋店と京橋コア店や東京にも渋谷道玄坂店や新橋店など、各店舗さまざまな顔でお客さまをお迎えしております。
とくに大阪道頓堀名物たこ焼きは、一流有名ホテルから地方のお客さまに、ぜひ大阪の味をと呼ばれてイベントの度に喜んで頂いております。
そんな自慢の道頓堀くれおーるのたこ焼きを是非、ご賞味ください。
スタッフ一同、心よりお待ちしております。