たこ焼きに餅を入れる時のコツは?

2019.03.12

みなさんこんにちは^^!

最近はたこ焼きパーティーなどが流行っており、
家でたこ焼きを作る機会も増えているようです。
家で作ると、たこ焼きの中に好きな具を入れられるのもいいですよね。
トッピングの人気の具としてお餅があります。
そこで今回は、たこ焼きに餅を入れるときのアドバイスを紹介します。

お餅はたこ焼きのトッピングとしても大人気の食材です。
お餅を入れると中でとろけてとても美味しいですよね。 
たこ焼きにお餅を入れるときはいくつか注意することがあります。 

まず最初の一つ目は、お餅の切り方です。
大きく切ってしまうと、お餅の中まで温まらず、
硬いままになってしまいます。 
そのため、たこ焼きにお餅を入れる場合はできるだけ小さく切りましょう。
切り方は、賽の目状でも良いですが、
短冊に切るとよりとろけやすくなります。 

もう一つの注意点は入れすぎないことです。
お餅は温まると溶け出してきてしまうため、
入れすぎてしまうと鉄板にくっついたりしてしまいます。 
また、小さく切ったお餅をバラバラに入れてしまうと、
たこ焼き全体がお餅でドロドロになってしまうので、
小さいお餅を何個か入れる場合は、
一か所にまとめて入れるようにしましょう。 

お餅はたこ焼きのトッピングとしても、
大変人気のある食材ですので、
上手に作って美味しく召し上がってください。

LINE@でお得な情報をGET

くれおーるの通販ページはこちらから

  • Googleアプリ
  • iPhoneアプリ
くれおーるの通販ページはこちらから
  • Googleアプリ
  • iPhoneアプリ
スタッフ募集

食い倒れの街、大阪・道頓堀にくれおーるがあります。
大阪名物のたこ焼き・お好み焼・串かつを一度に食べることができる70席の大フロア。道頓堀くれおーるは、屈指の大型店舗です。
くれおーる発祥の大阪京橋店と京橋コア店や東京にも渋谷道玄坂店や新橋店など、各店舗さまざまな顔でお客さまをお迎えしております。
とくに大阪道頓堀名物たこ焼きは、一流有名ホテルから地方のお客さまに、ぜひ大阪の味をと呼ばれてイベントの度に喜んで頂いております。
そんな自慢の道頓堀くれおーるのたこ焼きを是非、ご賞味ください。
スタッフ一同、心よりお待ちしております。