いっぱい買いすぎて余ったたこ焼き。その保存方法は?

2018.07.06

みなさんこんにちは^^!

余ったたこ焼きを常温でいつまで置いておけるか?
気になるところだと思います。
基本的にはどの季節であっても、
常温でおいておくことはしないでください。
冬場で寒い部屋に置いておくならまだしも、
夏場の場合は、半日持たないということもあります。

なので、例えば夏の夜、
屋台などで買ってきたたこ焼きを、
次の朝に食べるということはしない方が無難です。
冬場の場合でも暖房の効いてる部屋に置くのは避けましょう。
ですので、常温でおいておくのは粗熱が取れるまでとお考えください。

冷凍の場合たこ焼きの粗熱が取れたら、
タッパーやフリーザーバッグなど、
密閉できる容器に入れて、
空気をしっかりと抜いて封をします。

つぎに、できれば金属製のトレーの上で冷凍します。
こうすることによって素早く冷凍できますので、
たこ焼きの劣化を多少防ぐことができます。

解凍は、食べたい分だけお皿に乗せて、
電子レンジでチンすることで食べることができますが、
揚げたこ焼きや焼きたこ焼きにすると、
より美味しく食べられるかと思います。
なお、あらかじめ電子レンジで半解凍しておくとうまくいくかと思います。
賞味期限の目安は、およそ2週間程度。
それ以上保存することも可能ですが、
保存期間が長くなるにつれ冷凍庫のにおいが移ったりしますので、
できれば早めに食べてください。

LINE@でお得な情報をGET

くれおーるの通販ページはこちらから

  • Googleアプリ
  • iPhoneアプリ
くれおーるの通販ページはこちらから
  • Googleアプリ
  • iPhoneアプリ
スタッフ募集

食い倒れの街、大阪・道頓堀にくれおーるがあります。
大阪名物のたこ焼き・お好み焼・串かつを一度に食べることができる70席の大フロア。道頓堀くれおーるは、屈指の大型店舗です。
くれおーる発祥の大阪京橋店と京橋コア店や東京にも渋谷道玄坂店や新橋店など、各店舗さまざまな顔でお客さまをお迎えしております。
とくに大阪道頓堀名物たこ焼きは、一流有名ホテルから地方のお客さまに、ぜひ大阪の味をと呼ばれてイベントの度に喜んで頂いております。
そんな自慢の道頓堀くれおーるのたこ焼きを是非、ご賞味ください。
スタッフ一同、心よりお待ちしております。