たこ焼きをカリカリに焼く方法とは?

2018.05.12

みなさんこんにちは^^!

たこ焼きの焼き上がり方って気になりますよね。
どのくらいの焼き加減なのかで、
その食感も変わってきます。

ここ近年主流となっているたこ焼きと言うのは、
外カリッ中トロ~リッだと思います。

またもっと外側をカリカリに焼きたい!
と思われている方も多いようですね。

自宅でたこ焼き器を使って焼く場合は、
時間は十分にあるはずです。
なのでたこ焼きが丸くなって、
ほぼ完成になってからも、
クルクル廻しつつ時間をかけて、
好みの焼き加減まで待ちます。

ただし電気たこ焼き器の場合は、
普通に焼きあげても結構時間がかかってしまいます。
ですからカリカリまで仕上げようとすると、
もっと時間がかかるという事です。

カートリッジガス式のたこ焼き器なら、
火の調節でそんなに時間をかけずに、
カリカリに仕上げることができます。

また2段階に分けてたこ焼きを返すことにより、
中に空洞ができます。
その空洞がポイントになります。

ではなぜ空洞を作ると良いのでしょうか。
その答えは内部の空洞を利用し、
内側から蒸し揚げることで、
外側をカリッとさせる事が出来るからです。
空洞が出来ることですばやく温度を上昇させ、
100度前後で安定させることに成功させています。
またその空洞により内部に糊化という現象が起きています。

ぜひ試してみてくださいね。

LINE@でお得な情報をGET

くれおーるの通販ページはこちらから

  • Googleアプリ
  • iPhoneアプリ
くれおーるの通販ページはこちらから
  • Googleアプリ
  • iPhoneアプリ
スタッフ募集

食い倒れの街、大阪・道頓堀にくれおーるがあります。
大阪名物のたこ焼き・お好み焼・串かつを一度に食べることができる70席の大フロア。道頓堀くれおーるは、屈指の大型店舗です。
くれおーる発祥の大阪京橋店と京橋コア店や東京にも渋谷道玄坂店や新橋店など、各店舗さまざまな顔でお客さまをお迎えしております。
とくに大阪道頓堀名物たこ焼きは、一流有名ホテルから地方のお客さまに、ぜひ大阪の味をと呼ばれてイベントの度に喜んで頂いております。
そんな自慢の道頓堀くれおーるのたこ焼きを是非、ご賞味ください。
スタッフ一同、心よりお待ちしております。