たこ焼きの生地が余った…どれぐらい日持ちする?

2018.05.10

みなさんこんにちは^^!

たこ焼きの生地が余った時は、
冷蔵庫で保存しましょう。 

たこ焼きの生地は、
卵が入っている上に水分が多いので、
冷蔵庫で冷やす必要があります。 

とはいえ、一番いいのは、
たこ焼きの生地を余らさないように、
使い切って焼いてしまうことです。 

たこ焼きを焼いてしまいさえすれば、
冷凍保存することができるのが大きなメリットです。 
その場合は、たこ焼きにソースをつけずに冷凍します。 
こうすることで、たこ焼きを揚げたり、
鍋の具材にしたりと、アレンジの幅が一気に広がります。 

でも、わかっていても、力尽きてしまい、
これ以上たこ焼きは焼けない! 
そんな場合は、ラップをして冷蔵庫に保存しましょう。 

なお、たこ焼きの生地のように、
生卵を使った生地を冷蔵庫で保存するときは、 
冷蔵庫の温度が上がらないように、
冷蔵庫の開閉の頻度を少なめにするように気をつけましょう。

たこ焼きの余った生地は冷蔵庫でなら、
どれくらい日持ちするのでしょうか。 

まず、生地を作った次の日は、大丈夫です。 
たこ焼きの生地を寝かす方法では、
次の日まで生地を置いておく場合があります。 

生地を作った2日後は、
冷蔵庫の開閉や季節にもよりますが、
大丈夫なことが多いです。 
しかし味がかなり落ちます。 

3日後になると、生卵が気になるので、おすすめしません。 
つまり、たこ焼きの余った生地を冷蔵庫で保存した場合、
最長で2日くらい日持ちするといえます。 

とはいえ、気になるのは、やはり生地に使う生卵。 
生卵は、殻に入った状態なら、かなり日持ちするのですが、
卵を溶いてしまうと、一気に傷みやすくなるのです。 
それを踏まえると、生地はあまり長く置いておくのは、
避けるのが無難ですね。

LINE@でお得な情報をGET

くれおーるの通販ページはこちらから

  • Googleアプリ
  • iPhoneアプリ
くれおーるの通販ページはこちらから
  • Googleアプリ
  • iPhoneアプリ
スタッフ募集

食い倒れの街、大阪・道頓堀にくれおーるがあります。
大阪名物のたこ焼き・お好み焼・串かつを一度に食べることができる70席の大フロア。道頓堀くれおーるは、屈指の大型店舗です。
くれおーる発祥の大阪京橋店と京橋コア店や東京にも渋谷道玄坂店や新橋店など、各店舗さまざまな顔でお客さまをお迎えしております。
とくに大阪道頓堀名物たこ焼きは、一流有名ホテルから地方のお客さまに、ぜひ大阪の味をと呼ばれてイベントの度に喜んで頂いております。
そんな自慢の道頓堀くれおーるのたこ焼きを是非、ご賞味ください。
スタッフ一同、心よりお待ちしております。