たこ焼きと明石焼き。その違いとは?

2018.03.28

みなさん、こんにちは!

明石焼き、たこ焼きと言えば、
それぞれ兵庫県と大阪府の名物ですよね。
どちらも丸く焼かれているものなので似ている印象はありませんか?


 
ですが、明石焼きとたこ焼きには結構違いがあるんですよ。
まさに似て非なるものと言えるでしょう。

1つ目は材料、つまり生地の違いです。
たこ焼きに使う生地は小麦粉です。
 
それに対して明石焼きは、
小麦粉とじん粉が生地に使われます。

この「じん粉」とは、
小麦のデンプンを粉に精製したもので、
浮き粉とも言われています。

最もわかりやすい違いの1つが、
この具の違いなのではないでしょうか。  
明石焼きの具はタコのみです。
言いかえると生地とタコだけなんです。
 
それに対し、たこ焼きはタコに加えて、
ネギ、紅ショウガなどのみじん切りが入ります。
 
具にタコを使っているという共通点はあるのものの、
その他の具はまったく違いますね。

1つめの材料の違いは、
明石焼きとたこ焼きの固さの違いに関係してきます。
じん粉はデンプン質なので明石焼きはふんわり、
柔らかくと仕上がるのに対し、
たんぱく質が含まれる小麦粉は加熱すると固くなるので、
たこ焼きはしっかりした固さになります。
 
固さ、つまり食感にも違いがあるのが、
おわかりいただけると思います。

また食べ比べてみてくださいね。

LINE@でお得な情報をGET

くれおーるの通販ページはこちらから

  • Googleアプリ
  • iPhoneアプリ
くれおーるの通販ページはこちらから
  • Googleアプリ
  • iPhoneアプリ
スタッフ募集

食い倒れの街、大阪・道頓堀にくれおーるがあります。
大阪名物のたこ焼き・お好み焼・串かつを一度に食べることができる70席の大フロア。道頓堀くれおーるは、屈指の大型店舗です。
くれおーる発祥の大阪京橋店と京橋コア店や東京にも渋谷道玄坂店や新橋店など、各店舗さまざまな顔でお客さまをお迎えしております。
とくに大阪道頓堀名物たこ焼きは、一流有名ホテルから地方のお客さまに、ぜひ大阪の味をと呼ばれてイベントの度に喜んで頂いております。
そんな自慢の道頓堀くれおーるのたこ焼きを是非、ご賞味ください。
スタッフ一同、心よりお待ちしております。